PUZZLE of MINE

アクセスカウンタ

zoom RSS Rusty Nail & Misty Nail

<<   作成日時 : 2013/03/11 15:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 
♪ 暗闇に光っても何も言わない ♪

と、これだけ見て 「ああ、あの歌ね」とすぐにピンと来る人はどれだけいるだろうか?

画像

 これは、石原裕次郎の持ち歌 『錆びたナイフ 』の3番の歌い出しなのだが … そうと聞いて「歌詞が違うんじゃないの?」と思う人も、こっちの方が数は多いと思うけれど、さて、どれだけいることか?

 広く一般にレコードやCDで普及している

♪ 砂山の砂を指で掘ってたら 真っ赤に錆びたジャックナイフが出てきたよ ♪

という歌詞から始まる 『錆びたナイフ 』』(作詞:萩原四郎/作曲:上原賢六/1957)の3番の歌い出しは

♪ 海鳴りはしても何も言わない ♪

♪ 真っ赤に錆びたジャックナイフがいとしいよ ♪

と続く。

 だから、そっちだけ知っている人は「詞が違う」と言うだろう。

 で、冒頭の詞は何なのかというと、これは日活映画 『錆びたナイフ 』(The Rusty Knife/監督:舛田利雄/主演:石原裕次郎/共演:北原三枝,小林旭 他/公開:1958年3月11日)のエンディングで歌われていたものなのである。

♪ 暗闇に光っても何も言わない 真っ赤に錆びたジャックナイフがいとしいよ ♪

 私は「海鳴りはしても…」と憶えていて、後から映画を観て違う詞で歌われているのを聴き、

「『真っ赤に錆びた』ナイフの刃が『暗闇に光』るはずはないんじゃないの!」

とツッコミを入れたくなったわけで、そんなことから「レコードでは詞が書きかえられたんだろう。きっと」とずっと独り合点してきていたのだけれど、いま調べてみると映画公開の前年にレコードが発売されているようだし、結局、歌詞変更の正しい経緯・事情はわからずじまいである。

 さて、パズルの話。これは「ナイフ」ではなく「釘」。

 冒頭写真の左が “Rusty Nail”,右が “Misty Nail” で、このパズル・タイトルはどちらも酒のカクテルの名前がその元である。

 ラスティ・ネイル
 ミスティ・ネイル

 「ラスティ・ネイル」は「錆びた釘」、「ミスティ・ネイル」はそのバリエーションのカクテルとのことで、確かに「霧深い釘,涙にかすんだ釘,ぼんやりとした釘」とのっけから言われても意味がわからない。「ラスティ・ネイル」が先にあっての「ミスティ・ネイル」であるのは間違いないであろう。

 この二つのパズルの考案者は Puzzle Bar オーナーの YI 氏。

画像

 だから “Rusty Nail”, “Misty Nail” は、まず納得のパズル名なわけです。

 昨2012年7月24日に YI 氏が知らせてくれたこの二つのパズルは 4x4x4 への箱詰めパズル、それぞれ2種類のピース複数個を収めよ、というどちらも隙間ありのユニーク解問題で 「よくぞ、このピース構成を見つけたもの! それほどひねくれたピースを選んでいないにもかかわらず難度はかなり高くてエレガント!」なのだが、それだけでなく、この二つのパズルのピース都合4種類から9〜11個を選び出すことによって、さらに6通りもの 4x4x4 ユニーク解・隙間あり問題を遊べるのである。

 パズル名の元となったカクテルもそれぞれ基本2種類の酒を混ぜてつくるものであり、パズルも2種類のピースの箱詰めがメイン問題、そしてさらにその調合のパーセンテージをあれこれ変えて違うテイストの問題に…と、こう考えるとカクテル名から取ったパズル・タイトル二つはますますドンピシャリ。

 そんなパズルなので、二つのカクテルの色を模して樹色を選び、昨年の8月にとりあえず一つずつ実物をつくってみた。そしてその後、YI 氏の希望に応えて、透明アクリル・ケースを専門業者に特注でつくってもらって(このケースの製作単価、びっくりするほどではないがそう安くはありません)それにピースを収める途中の状態が冒頭写真、正にこれは元のカクテルのイメージになっていると思うが、どうか。

 ただし、「ラスティ・ネイル」も「ミスティ・ネイル」も強い酒でありつつかなり甘めのカクテルだそうだが、これらのパズルを甘く見てはいけません。解き味はかなりビターだと思うから、本家本元のカクテルをなめながらトライするとちょうどよいかも知れない、いや酩酊状態で解けるわけはないか、あるいはどうせシラフでも難しいのだからほろ酔い加減で取り組んだ方が上手くピースが収まるか?

 いずれにしても、傑作だと思うこのパズルを考案した YI 氏に乾杯!

 未だ実物は写真の各1セットしかなく、木材パーツ調達の都合で本格製作させてもらうのはもうしばらく先のことになるが、55年前の今日3月11日が日活映画 『錆びたナイフ 』の初公開日、それは「いつ書こうか?」と思っていたこの記事を今日ふと書くことにして書き始めてから気づいた偶然の符合ではあるのだが、もしかしたら今日これを書いて披露する必然が自分でも知らないどこかに潜んでいたのかも、と思ったりする次第、なのです。そんな3月11日もあったのだな、と。

♪ 俺もここまで泣きに来た 同じ思いの旅路の果てだ ♪


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

WEB-SHOP

WEB-SHOPへどうぞ

to MINE

MINEへのお問い合わせ等があります場合には WEB-SHOPの「お問合せ」欄からご連絡ください。

facebook

facebook

twitter

MINEのつぶやき
Rusty Nail & Misty Nail PUZZLE of MINE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる