PUZZLE of MINE

アクセスカウンタ

zoom RSS Tetromino Tablet

<<   作成日時 : 2013/03/29 12:35   >>

トラックバック 0 / コメント 1

 Tablet シリーズの第2弾です。

画像

Tetromino Tablet  MINE © 2013


 厚さ3mmのアクリル板を5層に重ねたケース、表と裏で2問にチャレンジできます。

 1. 凹6辺形(6オミノ)の穴から、枠内にテトロミノ5種1セットを収めてください。
 2. 凹8辺形(6オミノ)の穴から、枠内にテトロミノ5種1セットを収めてください。
   解のパターン(ピース配置)はそれぞれ1通りです。
(追記20130409:ピースを回転させない場合)

 12種類の形があるペントミノはポリオミノの中の主役、花形でしょうね。それに対してテトロミノは脇役・その1といった立場かな。ペントミノと比べると話題にされることはずっと少なく、これを題材にしたパズルもあまり多くない気がします。いますぐに思い起こせるのは、拙作(にして傑作!) “MT5T” くらいです。

 でも、形が5種類というのは人が素脳(すのう)で挑戦するには手頃な個数で、まだまだテトロミノは大きな可能性を秘めている気がします。

 さて、“MT5T” に負けず劣らずのお薦めパズルがこの “Tetromino Tablet” です。

 (とある事情で、このパズルの情報がちょっとウェブ上に漏れたとき、目ざとくそれを目にした海外のパズル・クラフトマンからすぐに「製作許可を」という問い合わせがありました。「少なくとも最初は自分でつくるから」とOKはしていませんが「OKをもらえるまで待つ」と言われているのでいずれはOKするかも知れません。そのクラフトマンがどんな仕様で製作するか、それについての興味もありますし)

 プログラム解析によってはじき出された5ピースをケース内に収める総手数は、1問目が16手,2問目が18手ですが、これはピースの縦と横の移動しか認めず、移動方向が変わらない間を1手と数えてのものですから、実際に人がピースを動かす場合には一気にナナメに動くこともできますし、実感する手数はそれよりも少ないものになるでしょう。
 とはいえ、どういう順にピースを収めていくか?また先に収めたピースをどの位置に待機させて次のピースを入れるか?さらにまたそのピースたちを 内部で … と、かなり見通しをもって取り組まないと全部のピースを収めることはできないと思います。
 かてて加えて、“Pentomino Tablet” 同様、デクステラティ(手先の)パズル的な要素もありますから、ピースを巧みに操作できるようにしないとね。
 でもそんなこんなを含めて、見事5ピースを収められたときには十分な達成感を味わえるでしょう。それも二度!

 と自作を持ち上げた後で、ちょっと言い訳っぽい話。

 上に、そして説明書にも「解のパターン(ピース配置)はそれぞれ1通りです」と書きました。これは、表裏の2問について「回転による別解がないかどうか?」などを「デザイン決定!」とする前にチェックした上での結論なのですが、その、主に素脳でのチェック作業を行ったのはしばらく前のこと、それからしばらく経った後に説明書をつくってプリントアウトした後で「あのときのチェックには本当に漏れがなかっただろうか?」と少々不安を感じ始めたのです。それは、この記事を書いているいまも同様、ですからもし実物を手にしてトライされて複数の収め方を発見された方がいたら「ぜひとも教えてほしいなあ」と思っています。
 もちろん、自分自身でも再トライしてみますが「作者ゆえの(?)盲点」がこのパズルにもあるかも知れませんので。

 でも、もしそうであっても、易しすぎず難しすぎずのこれ、見かけも「格好良いパズルに仕上がった!」と思っていますから、ハイ、やっぱり「お薦め」します。

--- 追記 --- 2013/04/09 ---

画像

 “Tetromino Tablet” を購入してくださったお客様の一人から、4月5日(金)に添付写真付きのメールをいただきました。曰く

「1問目の面の方で、回転有りの収め方を2パターン(非常に似たものですが)発見しましたので、お伝えします」

 「あイタ、またしても!」と思いつつ考えたら、理由はすぐにわかりました。「ケース内部を理論値どおりにすると、ピースをスライドさせる際に窮屈だろう」と、周囲に 0.5mmのあそびを持たせたせいなのです。理論値どおりならば、例えば上の写真のように テトロミノの I を立てることはできないわけですが、あそびのせいで、他のピースも回転できる局面がいろいろ出てきてしまうのでした。考え不足でした。m(_ _)m

 そこで、再チェックしてみたら … 教えていただいたパターンも含めて、回転させるピースがある、アンチ・スライドの解パターンが7通り、アンチ・スライドでない解パターンが2通り確認できました。そのうちの1パターン(だけか?)はケースのあそびがなくても成立しそうです。(^ ^; やっぱりチェックが大いに不足していました。m(_ _)m

 回転ありのパターンは、回転なしの本命解を見つけた後のオマケ問題として、いくつのパターンを見つけられるか、どうぞトライしてみてください。上に書いた9通りですべてとは限りません。
 なお、2問目の方には別解パターンは「ない」と思うのですが、さて?

 先ほどのお客様、「しかし、先程ようやく両面の意図解に辿り着きましたが、これは美しいですね。特に T 形パーツをこれ程厄介に感じたのは初めてです。程よく苦戦させられ、十分に楽しませていただきました。今後も大いに期待しております」
 また、6日(土)になったばかりの深夜には O>:KH> さんから 「予想外に一番手強かったのが Tetromino Tabletです。ピースのやりくりが難しかったです。かなり苦労しました。Tetromino Tablet 優れものですね」 と作意解の手順図が添付されたメールをいただきました。

 お二人にありがたい言葉をいただいてとてもうれしい反面、このパズルでも別解が出てしまいホントに申し訳なく思う次第です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
追記しました。
ピース回転ありの別解情報。m(_ _)m
MINE
2013/04/09 19:14

コメントする help

ニックネーム
本 文

WEB-SHOP

WEB-SHOPへどうぞ

to MINE

MINEへのお問い合わせ等があります場合には WEB-SHOPの「お問合せ」欄からご連絡ください。

facebook

facebook

twitter

MINEのつぶやき
Tetromino Tablet PUZZLE of MINE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる