PUZZLE of MINE

アクセスカウンタ

zoom RSS Open-and-shut Case #1

<<   作成日時 : 2013/06/17 12:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 昨日今日で一つつくってみました。

画像

 このインターロッキング・パズルのピース構成を考えたのは去年、2012年2月初めですから随分前のことになります。

画像

 “open-and-shut case” はパズル・デザインを決めた後に英語辞書で見つけた言葉で 「簡単に解決できる事件」 という意味だそうです。

画像

 「開けたり閉めたりしながら解くパズル」ですから「何ともいい言葉が見つかったなぁ」と思ったものですが、もちろんパズル自体は「簡単に解決」できる人が少ないモノでしょう。汎用解析プログラムによる手数は 30(20.8.2)、組まれた状態から最初の1ピースが外れるまでに20手、トータル30手という、シンプルなピース構成のわりにはけっこう手数が多いシロモノですから。つまり、このパズルのネーミングはかなり皮肉まじりのもの、なわけです。もちろんユニーク解。
 ちなみに、組み込む3ピースを1単位減らして全部合同ピースにすると、19(16.2) という手数の解が2通り存在するという風に変わります。

画像

 これとともに、完成形が同じで同手数、やはりユニーク解の “Open-and-shut Case #2” の同形ピースのないデザインも考えましたが、そちらは今回同様に木材パーツを貼り合わせてつくった場合、ピースの強度に不安が感じられるため、当面実作はせず、デザインを記録にとどめておくだけにしておきます。

 久々の組木製作、けっこう苦労しました。それでも「とりあえず一つつくってみないことには」と何とかつくりましたが、同じモノを複数つくる作業は、うーん、ツライ。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

WEB-SHOP

WEB-SHOPへどうぞ

to MINE

MINEへのお問い合わせ等があります場合には WEB-SHOPの「お問合せ」欄からご連絡ください。

facebook

facebook

twitter

MINEのつぶやき
Open-and-shut Case #1 PUZZLE of MINE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる