identica-L episode I & II

画像

 このパズルは私が考案したものでなく、いわば初の「MINEプロデュース」作品です。

 このパズルの内容等については、説明書をご覧いただいたほうが早いでしょう。
 下が、episode I と episode II のそれぞれに付けた説明書です。画像をクリックし拡大して読んでください。

画像

 説明書にあるように、原案は Tadao Kitazawa 氏。
 パズル界ではすでに名が知られている氏のことを改めて紹介する必要はないと思いますが、斬新な発想の数理パズルやメカニカルパズル、また、ことばのパズルにも深い関心を有しており、幅広く作品を発表されている方です。
 豊富なアイディアを持つ氏の才能は、全くもってうらやましいかぎり。現在の日本には才能にあふれた世界的レベルのパズル・クリエイターがたくさんいますが、氏はその中でもトップクラスの1人です。氏の代表作の一つである「シンメトリクス」については、いずれそれをタイトルにして詳しく書かせてもらうつもりです。なお、今回のパズルは「シンメトリクス」と並ぶ氏の代表作の一つになるのではないかと思っています。もちろん、これからも Kitazawa氏の枯れることのないアイディアの泉から数多くの優れたパズルが産み出されていくことでしょう。

 さて、Kitazawa氏のL型ピースだけを使った元祖第1問(問題作りにあたり、そのようなピース構成を選択したセンスの卓抜さ!)に魅入られた私は、氏の承諾を得て、これをどう発展させ、どんな仕様のパズルに仕上げようかと考え始めました。
 さらに解の検討を、これまたパズル界ではつとに有名な ISHINO k16 氏に依頼。(ISHINO氏とのかかわりについてもいずれまた。氏が登場する話を今後たくさん書くことになるでしょう)
 そして、氏の完璧な解析結果に裏打ちされて製作した(している)のが、今回紹介する2つの episode なのです。

 episode I は Kitazawa氏の最初の意図解をベースに、その解では使わないピースの裏面パターンを取捨選択して、4ピースとも使う場合は全3解となるようにピースを構成しました。
 ISHINO氏の解析結果が得られ、4つのL型ピースによる9オミノ合同2図形の全パターンが判明した後に Kitazawa氏が最初に設定した問題を見直したとき、それがいかに優れたものであったかを改めて思い知りました。

 episode II も意図解を念頭に置いて検討を始めたものですが、4ピースの表裏をどう組み合わせても2色の単位正方形が9個ずつになるピース構成で問題として面白いものを探す、というのは ISHINO氏のアイディア。そして、4ピースの表裏の組み合わせは2の4乗で16通り、そのうちの半分である8通りにそれぞれユニーク解が存在して全8解、という何とも素敵なピース構成を見つけてくれました。また、さらなる解析で、そのようになるピース構成はいくつかあるけれど episode II に採用したピース構成が最も難度が高くて面白いだろう、というコメントもいただきました。

 さあ、そのように書いていくと、このパズルにおいて私はあんまり働いていないような気分にもなってきますが、説明書では、おこがましくも コーディネーターと称させてもらっています。
 あ、このパズルを identica-L と命名させてもらったのは私です。「アイデンティカ・ル」と読みます。
 それと、実作にあたっての仕様決定と製作現場の監督兼作業員は MINE です。
 木製(樹種はホオ)のL型ピースを木工所に作ってもらい、木工所を通じて専門業者に黒く塗装してもらい、その上に episode I は木目調, episode II は「石の」模様のシールを貼って仕上げています。

 さてさて、それぞれたった4ピースのパズルですが、決して易しいパズルではありません。たっぷり愉(苦)しめることは保証します。

 このパズルについて書くべきことはまだあるのですが、それもまた、いずれ追記することにします。

 最後に。
 ISHINO氏の解析結果から、さらなる episode も構成してあります。2008年中には製作して発表する予定です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Broken Heart II

    Excerpt:  そして、これが拙作 “Broken Heart II ”です。5ピースで「ハート形」をつくってください、というモノ。 Weblog: PUZZLE of MINE racked: 2008-12-05 12:43
  • … be in polycube mode …

    Excerpt:   Weblog: PUZZLE of MINE racked: 2011-05-31 13:18